ピルを飲み忘れない工夫

ピルを使用するうえで大切な事は、飲み忘れないようにすることです。
飲み忘れてしまえば、自分が得たい効果を得ることが出来なくなってしまいますので、飲み忘れることがないようにしなくてはなりません。
飲み忘れを防ぐためには、ピルを飲むことを習慣化していかなくてはなりません。
そのためには、毎日決まった時間に服用するようにしておくといいでしょう。
例えば、毎朝必ずするものとセットにして考えるようにして見ることも出来ます。
毎朝出勤前には歯磨きをしてから出かけていくようになりますので、歯ブラシのそばにピルを置いておくようにすれば、必ず目に付くようになるでしょう。
歯磨きをした後には、必ずピルを飲むといった風に何かとセットで考えるようにしてみることです。
しかしそれでも忘れてしまいそうと思うのであれば、携帯電話のアラーム機能を利用することも出来ます。
毎日決まった時間にアラームを設定するようにして、そのアラームが鳴ればピルを服用するという合図にすればいいでしょう。
アラームを慣らす時間としては、必ず目覚めて布団から出る時間以降にしておかなくてはなりません。
あまりにも早い時間帯で設定をしてしまえば、寝ぼけたままアラームをとめてしまう事もあるからです。
それではせっかくアラームをセットしていてもただの目覚ましと一緒になってしまいます。
時間帯としては、目覚めてしばらく時間がたった時で、出勤前ギリギリの時間にはならないように設定をしましょう。
出勤前ギリギリの時間に鳴らしてしまえば、バタバタしてそのまま飲み忘れてしまう事があってもいけません。
自分が一番忘れにくい方法を見つけるようにして、飲み忘れることがないようにしていきましょう。